「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > ラ行 > 

レバレッジ効果



レバレッジ効果

 
(ればれっじこうか) 
借り入れを利用することで、実際の資金より大きな取引を行うことを、レバレッジを利かせるといいます。たとえば委託保証金率30%の信用取引では、売買代金の30%の委託保証金を入れることで取引が可能で、30万円の資金があれば約100万円分の取引ができる。100万円で購入した銘柄を130万円で売却したケースで考えてみよう。現物取引なら、30万円の儲けとなり、収益率は30%だ。しかし信用取引なら、30万円の投資で30万円の儲けとなり、収益率は100%ということになります。このように少ない資金で大きな売買が可能となり、これをレバレッジ効果と呼びます。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.