「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > マ行 > 

みなし取得価格



みなし取得価格

 
(みなししゅとくかかく) 
2001年9月30日以前に購入した株を2003年1月1日から2010年12月31日までに売却した場合、2001年10月1日時点の終値の80%に相当する金額を取得価格とみなす特例措置のことです。過去に相続等により株式を取得していた場合などの取得価額の把握に時間とコストを要するケースがあることや、更には申告分離課税に習熟するまでの間の申告利便を考慮して設けられました。従来はタンス株券を特定口座に入れる場合にも、みなし取得価格を適用できましたが、2005年4月以降は利用できなくなりました。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.