「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > ハ行 > 

バスケット取引



バスケット取引

 
(ばすけっととりひき) 【basket trading】
銘柄が複数で、まとまった金額の株式を一度に売買することで、東京証券取引所や大阪証券取引所では、15銘柄、売買代金1億円以上の取引をバスケット取引と位置づけています。インデックス連動型の売買や、機関投資家のポートフォリオの銘柄入れ換えなどの際に利用されます。パッケージ取引ともいいます。立会外取引や店頭市場が使われ一般の市場が閉っている時間でも取引ができることから、前場の終了後に大口のバスケット取引が約定され、後場にそれを受けた証券会社の自己売買部門が市場で執行するといったことがしばしば行われます。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.