「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > ナ行 > 

ノーロード型投資信託



ノーロード型投資信託

 
(のーろーどがたとうししんたく) 【noload-fund】
ロードとは投信用語で販売手数料を指し、投信購入時に販売手数料がかからない投信ファンドがノーロード型投資信託、あるいはノーロード・ファンドと呼ばれています。利回りの低いMMFや中期国債ファンドをはじめ公社債投資信託には販売手数料がかからないものが多いですが、一般にノーロード型投資信託という場合、株式投信のように販売手数料を取ることを前提にしている投信で、手数料を取らないように設計したものを指します。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.