「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > ナ行 > 

年金の株式運用



年金の株式運用

 
(ねんきんのかぶしきうんよう) 
年金には公的年金と、企業年金を中心とする私的年金とがありますが、株式市場では、公的年金は郵便貯金や簡易保険とともに公的資金として扱われることも多く、企業年金は公的年金の不足分を補完する目的で創設されたものです。年金資金の規模は高齢化とともに拡大、200兆円を大きく上回っていて、このうち株式での運用については、15%程度とみられています。経済の低成長や低金利の継続といった環境の中で、年金の運用も積極的な収益追求が求められており、こうした流れに沿って運用体制の整備が進められています。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.