「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > ナ行 > 

ニューヨーク・ダウ



ニューヨーク・ダウ

 
(にゅーよーく・だう) 
アメリカのダウ・ジョーンズ社が1896年に開発したアメリカの株価の動きを示す代表的な株価指数のことです。当初は12銘柄による平均株価でしたが、1928年以降は、ニューヨーク証券取引所に上場された代表的な優良30銘柄を対象として、連続性のある株価の平均値を算出しています。このため「ニューヨーク・ダウ工業株30種平均」ともいいいます。世界経済の方向性をも左右する重要な指標で、アメリカの代表的な株価指数には、格付け機関のスタンダード&プアーズ社(S&P)が発表する主要産業500社の動向を示すS&P500や、全米証券業協会(NASD)が発表するハイテク関連の新興企業の動向がよくわかるといわれるナスダック指数などがあります。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.