「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > タ行 > 

中期国債ファンド



中期国債ファンド

 
(ちゅうきこくさいふぁんど) 
株式を組み入れずに公社債を中心に運用する投資信託の一種で、昭和55年1月に登場しました。運用資産の50%以上を期間2年から4年の中期利付国債に投資します。利回りが比較的安定しており、銀行の1年もの定期預金金利よりも若干高い水準で推移しています。1口10万円以上、プラス1万円単位でいつでも構入でき、購入後30日過ぎれば手数料なしで換金できます。証券界の大型商品にのし上がっています。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.