「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > タ行 > 

中間反騰



中間反騰

 
(ちゅうかんはんとう) 
下げ相場が一時的に反騰することです。中間戻しともいいます。たとえば金融引き締め政策などがとられると株価は下がりますが、経済実勢は株価が下がるほど、すぐには悪くなりません。しかも値下がりの反動もあって株価は反発しますが、反騰を続けるうちに引き締め策が浸透し、やはり経済環境が悪いとして再び反騰前の安値を下回ることが多くあります。この途中での反騰を、中間反騰といいますが、中間反騰か本格反騰かはあとにならないとわかりません。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.