「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > タ行 > 

単元株



単元株

 
(たんげんかぶ) 
株式ごとに、任意に定めた一定の株数で売買が可能となる株式の単位のことです。ある企業が発行する株式の1単元を1000株と決めた場合、株式は1000株ごとに売買されることになり、株価が300円なら、投資家の最低投資額は30万円となります。2001年10月に施行された改正商法によって、それまでの「単位株制度」から「単元株制度」に改められ、100万円以上の資金がなければ売買できない銘柄も多くなったため、個人投資家が売買しにくい状況を改善するため、現在は発行企業が自由に売買単位を変更できるようになっています。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.