「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > サ行 > 

ザラバ



ザラバ

 
(ざらば) 
寄り付きと前引けの間の時間、後場寄りと大引けの間の時間、およびそれらの時間内に行われる取引のことをいいます。つまり、株価が動いている時間帯のことです。寄り付き、前引け、後場寄り、大引けの取引では、板寄せが行われますが、ザラバでは、成行注文優先、価格優先、時間優先の原則に従って売買が行われています。始値が決まった後、最も高い買い注文と最も安い売り注文の間で個別に売買が成立し、異なった値段がついていきます。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.