「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > カ行 > 

小型株



小型株

 
(こがたかぶ) 
発行済み株式数の少ない株のことです。東証では1部上場銘柄のうち、発行済み株式数が6000万株未満の銘柄のことを「小型株」といいます。浮動株が少ない傾向が強いので、わずかな材料で株価が大きく変動することがある点ではリスクが高くなりますが、短期投資やデイトレードには向いています。また、発行済み株式数が2億株以上の銘柄を「大型株」といいますが、株式数が膨大な分、こちらは株主の数も多く、基本的に株価の変動は小さくなります。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.