「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > カ行 > 

源泉分離



源泉分離

 
(げんせんぶんり) 【separated taxation】
分離課税ともいいます。所得税はすべての所得を合算して課税する総合課説が原則ですが、それぞれの所得に別々に課税する分離課税もあります。たとえば預貯金などの利子所得は45年まで源泉分離課税を実施、46年から源泉選択に変わりました。配当所得についても分離課税がが取り入れられている。ただし配当所得の分離課税は、@1銘柄の配当金が1期50万円未満(中間配当実施会社、年2回決算の場合は25万円未満)、A保有株式数がその会社の総発行株数の5%未満一に限られています。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.