「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > カ行 > 

会社型投資信託



会社型投資信託

 
(かいしゃがたとうししんたく) 【corporation type investment trust】
有価証券投資を目的とした会社を設立し、その会社の株式を一般投資家に持たせる仕組みです。投資家は株主になり、契約型投信での委託者、受託者、受益者と株主の関係に変わります。米国では1940年代以降、会社型投信が盛んで、最も普及しているミューチュアル・ファンドは、オープン・エンドの会社型投信です。わが国でも以前、投資信託が解約の増加から手持ち株を売って株価を圧迫するようになったため、特に解約を認めないクローズド・エンドの会社型投信の導入が論議されました。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.