「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > カ行 > 

外国部



外国部

 
(がいこくぶ) 
東京証券取引所での株式取引は、第1部、第2部、外国部の3つから成り立っています。外国部は外国株だけを上場し売買しています。昭和48年12月に証券国際化の産物として生まれ、上場維持負担が重いことなどから57、58年にかけ上場を取りやめる企業も相次いだが、その後二重監査の廃止など制度面で改善し、59年6月のシアーズ・ローパックを皮切りに、上場企業数は急激にふえました。上場企業の国籍も米国だけでなく、英、西独スイス、スペイン、カナダ、オーストラリアなど幅広いです。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.