「わかる!証券用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、最近、盛んになってきた個人投資家による、インターネット株式投資、商品先物、中国株、
           または、FX取引、為替デイトレードなどへの資産運用を行う際に必要となる基礎的な知識を得るための、
          新興株式市場、先物取引市場、オプション指数にかかわる、いろいろな情報を用語ガイドとしてまとめました。
          皆さんがインターネット株式投資やネット証券会社を利用するにあたり、分からないことや、
          気になることがありましたら、この用語ガイドをぜひ活用していただければ幸いです。



  
 TOP > ア行 > 

裏引け



裏引け

 
(うらびけ) 
新株を一般に売り出す場合、引き受け証券会社が、発行会社の希望する特定の取引先や金融機関に売り渡す制度として親引けがあるが、これと実質的に類似する行為です。具体的には、上場企業のような企業規模の大きいところにまとまった株数を売り渡す場合を親引けとし、未上場企業あるいは小口の売り渡しは裏引けということが多い。証券取引審議会は昭和57年11月まとめた時価発行公募増資改善策で親引けの全廃とともに、公募株の金融機関や事業会社への募集販売は原則として発行株数の50%以下から30%以下に引き下げ、裏引けをも縮小することを打ち出しました。





 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    
  • seo



Copyright (C) わかる!証券用語基礎ガイド , All rights reserved.